【浜田・東京本社ワンモアトライ】19日中京10R 新生6F戦でオールアットワンスが羽ばたく

2020年12月19日 08:00

 中京2歳S。今年はコース改修前の09年以来となる師走開催となった。05年メイショウサムソン、06年ダイワスカーレットが強い勝ちっぷりで後の活躍へとつなげたレースだ。当時は芝1800メートル。12年新装の現行コースには設定のない距離なので、戻ることはあり得ないのだが、師走の中京2歳Sといえば「芝千八」の印象が強い。ゆえに今年から芝1200メートルとなったことに違和感をぬぐえない。

 そんな新生中京2歳Sで飛躍を期すのがオールアットワンス。新馬戦→カンナSと先行力を武器に6Fで連勝を飾ってきた。母シュプリームギフトは芝6Fで4勝を挙げ、13年函館スプリントS2着など重賞でも活躍。「母も祖母も短距離馬。この馬も先々は千二のスペシャリストに育てたい」と中舘師。3連勝で重賞戦線へ名乗りを挙げれば、新たな師走名物の誕生にもなる。(2)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示