【浜田・東京本社ワンモアトライ】16日中京11R サトノダムゼルに重賞初Vのチャンス

2021年1月16日 08:00

 愛知杯。サトノダムゼルの前走ディセンバーSは久々で16キロ増。夏場に減った馬体を戻した形だが少し余裕残しだったか。それでも2着は確保。勝ったトーラスジェミニは単騎逃げの勝ちパターン。ガロアクリーク、ホウオウピースフル、ウインイクシード、マイネルファンロンと3~6着に重賞連対経験馬を従えての2着なら悲観する内容ではない。新潟記念で今回と同じ53キロを背負い、牡馬相手に0秒3差5着。牝馬同士ならタイトルに手が届いていい能力は秘めている。

 中山でも好走しているが東京、新潟の方がより好内容。中京は初めてだが左回りで直線の長い設定は歓迎だ。5歳だがキャリアわずか8戦。まだまだ伸びしろ豊富で、ここは飛躍のチャンスとみた。(10)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示