【浜田・東京本社ワンモアトライ】17日小倉11R 力をつけて最適条件に戻るソリストサンダー

2021年1月17日 08:00

 門司S。ソリストサンダーは昨夏の函館の2勝クラスVを皮切りに急成長。札幌→福島とローカル右回り1700メートルに適性を見いだしオープンまで出世した。すっかり小回り巧者の印象だっただけに、前走・武蔵野Sの2着激走は盲点。振り返れば2走前の福島民友Cがハイレベル。勝ったオーヴェルニュは続くベテルギウスSでリステッド連勝。2着スマートセラヴィーも次走のオータムリーフSであっさりオープン勝ちを飾った。2頭に食い下がった3着が夏の成長を物語っていたのを見逃していた。重賞でも上位争いできる地力を身につけ、今回は得意科目の「ローカル千七」。手薄なメンバーで58キロでも譲れない。(11)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示