【万哲の乱 特別編】17日小倉11R ◎サトノギャロスの今の充実を評価

【万哲の乱 特別編】17日小倉11R ◎サトノギャロスの今の充実を評価

2021年1月17日 08:00

 小倉11R・門司Sは◎サトノギャロス。以前は1200~1400メートルを主戦場にしていたが、序盤で後方に置かれる分、安定感を欠いていた。2走前の錦秋S(1着=東京ダート1600メートル)は中団から一気。前走・ベテルギウスS(3着=阪神ダート1800メートル)は昇級初戦&距離延長のハンデはあったが、最後の直線の伸びは光っていた。今なら、初参戦となる「小倉ダート1700メートル」は最適条件。調教の動きも依然良く、ここは狙い頃。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示