【浜田・東京本社ワンモアトライ】6日中京10R “王道”から良血ジェラルディーナが羽ばたく

2021年2月6日 08:00

 エルフィンS。きょう一番の注目はやはりこのレースだろう。昨年はデアリングタクトがここをステップに無敗牝馬3冠を達成。過去の優勝馬を振り返ってもシャダイカグラ、イソノルーブル、キョウエイマーチ、ウオッカ、レッドディザイアなど一流牝馬がズラリと名を連ねる。牝馬クラシックにおいては、ある意味“純正”のトライアルよりも注目したいレース。今年の主役はジェラルディーナだ。父モーリス、母ジェンティルドンナ。両親でG113勝の超良血。ゆえにここまでの戦歴に物足りなさを覚えてしまうが、徐々に素質の片りんを見せ始めている。

 前走はほぼ最後方から大外を回り、メンバー中2位となる3F33秒7の末脚で0秒5差7着。偉大な母と比べてはかわいそうだが、未勝利勝ち直後に臨んだG1としては上々の内容。1分33秒6の走破時計は、今回のメンバーなら十分勝負になる。例年は京都開催だが、今年はコース改修で中京が舞台。春2冠がいずれも坂のあるコースで行われることを考えれば、より本番に直結する可能性も。予想はもちろんだが、単純に競馬ファンとして、この馬の活躍が見たい。(4)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示