【浜田・東京本社ワンモアトライ】13日阪神10R 適条件のイェッツトを狙い撃つ

2021年2月13日 08:00

 飛鳥S。9頭立てで関西馬5頭VS関東馬4頭。阪神の条件クラスとしては珍しい組み合わせか。それぞれ意図があっての遠征だろうが、狙いたいのはイェッツトだ。やはり格上挑戦で5着に健闘した昨夏の札幌記念を評価したい。勝ったノームコアを筆頭に上位3着までをG1馬が独占。首差だった4着ポンデザールもオープン2勝だから、少なくとも3勝クラスは卒業できる能力の持ち主だ。

 前走は得意とは言えない左回りの東京で流れに乗り損ねる形。直線では3F33秒2の決め手を発揮しており、悲観する内容ではない。勝ったヒシイグアスは続くG3中山金杯もV。レベルも高かった。ここはスムーズな右回りを狙っての参戦。能力通りに走れば結果はついてくるはずだ。(1)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示