【浜田・東京本社ワンモアトライ】14日阪神9R 桜を意識させる好素材ヤマニンルリュール

2021年2月14日 08:00

 こぶし賞。近年ではカレンブラックヒルやメイショウマンボが、ここでの勝利をステップにG1馬へと登り詰めた。隠れた出世レースだが、今年の注目はヤマニンルリュールだ。デビュー戦Vが圧巻のひと言。中京の開幕週で時計が速く、レコードはおまけみたいなものだが、内容が秀逸。ハイペースで縦長の展開。先行有利の中、出遅れて中団追走。4角でも先行集団との差が10馬身以上あったが、直線で1頭だけ離れた外に持ち出すと強烈な伸び脚。前をあっさり捉え楽々と3馬身半突き放した。タフな中京ではなかなか見ない豪快な差し切り。非凡な素質を感じさせた。

 今回は右回りで1F延長がポイントだが、前走の走りなら問題ないはず。例年なら京都で行われるレースだが、今年は桜花賞と同じ舞台。ここを突破するようなら、大舞台がくっきりと視界に入る。(2)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示