【浜田・東京本社ワンモアトライ】20日阪神11R 仁川の「京牝」は武豊!ビッククインバイオだ

2021年2月20日 08:00

 京都牝馬S。格下は承知の上で距離巧者ビッククインバイオを狙う。全4勝中3勝が1400メートル。ここ2戦は微妙に条件がずれる中山マイルだったが、G3ターコイズSで強敵相手に0秒4差5着。前走のニューイヤーSは7着だったが、牡馬相手に時計を大幅に詰めて0秒3差。着実に力をつけている。「今回、距離がベストなのは間違いない。あとはコースが替わってどうか」。牧師は半信半疑の様子だったが、母アニメイトバイオは阪神JFでアパパネの2着に入り、G2ローズS優勝と阪神で好成績を残した。ここは母系の血に期待したい。

 ちなみに阪神で行われる「京都牝馬S」は27年ぶり5度目。過去4回のうち、2回に騎乗した武豊は90年リキアイノーザン、94年ノースフライトでいずれも優勝している。今回、主戦・戸崎のサウジ遠征で手綱が回ったきたのも何かの縁。名手の手綱さばきにも期待したい。(9)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示