【浜田・東京本社ワンモアトライ】21日小倉11R 軌道に乗ったボッケリーニが出世街道をばく進

2021年2月21日 08:00

 小倉大賞典。ボッケリーニは3歳2月デビューで、初勝利は同7月。クラシックとは無縁だったが、条件戦で末脚を磨き着実にステップアップ。4歳最後の一戦となった前走・中日新聞杯で待望の重賞初制覇を飾った。晩成母系で全兄ラブリーデイも重賞初Vは5歳初戦の中山金杯。そこから快進撃となり、その年の宝塚記念、天皇賞・秋も制してJRA最優秀4歳以上牡馬に選出された。弟もほぼ同じ時期から、兄の軌跡を追うような覚醒ぶり。兄の天皇賞Vの手綱を取った浜中とのコンビ結成にも縁を感じる。

 1800メートルは【3300】と崩れ知らず。今後、G1を狙っていくことを考えれば、57キロで負けてはいられない。(15)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示