【浜田・東京本社ワンモアトライ】10日阪神11R 単騎ならしぶといイベリスが逃げ切る

2021年4月10日 08:00

 阪神牝馬S。イベリスは前走の京都牝馬S、3歳時のアーリントンCと重賞2勝はいずれも逃げ切り。この2勝には同じ特徴がある。いずれも2~4着に中団より後ろにいた追い込み馬が入っていること。つまり先行勢総崩れの中、1頭だけ粘り込んで勝利をモノにしたことになる。追ってきた好位組には脚を使わせて消耗させ、返す刀で差し、追い込み勢を封じる。スピードは言うまでもなく、それを持続させるスタミナと根性も兼ね備えている。

 今回はマジックキャッスル、デゼルと末脚自慢が後ろで控える展開。すんなり先手なら他馬は深追いできない。早めに迫ってくるであろうリアアメリアをまずは振り切り、直線勝負の上位人気馬を抑え込む。実績のある阪神なら、そんな理想型に持ち込める。(7)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示