【浜田・東京本社ワンモアトライ】11日阪神10R 人馬共に“軽量”のメロディーレーンが激走

2021年4月11日 08:00

 大阪―ハンブルクC。メロディーレーンは336キロでデビューし、前走が過去最高の348キロ。この馬なりには成長したのだろうが、それでもサラブレッドの常識を覆す超軽量は変わらない。ただ、ここまで3勝を挙げ、一流牡馬が集う菊花賞と阪神大賞典で5着の実績。能力は相当高い。小柄だけに負担重量はできるだけ軽い方がいい。最近は55キロ前後が続いたが、今回は格上挑戦のハンデ戦で久々の51キロ。迷わず買いたい。しかも阪神2600メートルはレコードで1勝クラスVを飾った舞台。338キロでの勝利はJRA最低体重Vのおまけつきだった。軽ハンデと適舞台ならオープンでも通用。(8)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示