15日中京・都大路S 傾斜買いの1点買いで馬連1万9700円を的中!

ヴィクトリアマイルを制したルメール騎乗のグランアレグリア

15日中京・都大路S 傾斜買いの1点買いで馬連1万9700円を的中!

2021年5月18日 20:15

 東京競馬場で16日、GⅠヴィクトリアマイルが開催され、グランアレグリアが単勝1.3倍の断然人気に応えて5度目のGⅠ勝利を飾った。

 古馬芝マイルGⅠ(ヴィクトリアマイル、安田記念、マイルCS)の完全制覇は史上初の快挙となった。スポニチSIVAは⑥グランアレグリアが▲、①マジックキャッスルが◎。マジックキャッスルが3着に入り、ワイド①⑥の330円を的中した。

 当週のレースは、東京、中京、新潟の3場で開催され、スポニチSIVAでは新馬戦と障害戦を除く69レースを予測した。15日には東京、中京、新潟とも馬券種別で回収率100%超をマーク。中京ではメインレースの都大路Sで傾斜買いロジック10口の1点買いが当たり、馬連1万9700円の高額配当をゲットした。

 最大7点を提示する馬連&ワイドの買い目で、こん身の1点勝負。ここでは詳細および気になる結果と、AIが辿った思考の筋道を考察する。

 5/15(土)中京11R 都大路S SIVA予想と結果について
  1着▲⑫マウントゴールド(65)
  2着〇⑧マイラプソディ(72)
  3着☆⑪ショウナンバルディ(61)
  …
  取消◎①ガロアクリーク(76)

 的中 馬連⑧⑫19,700円(1970円×10口)
  ※カッコ内は能力指数

 SIVAが提示した買い目は〇⑧ラプソディ、▲⑫マウントゴールドの⑧⑫、1点のみ。1レースに10口を割り当てる傾斜買いロジックも、1点へのオールインを支持した。レースはマウントゴールドが2番手、ラプソディがそのすぐ外を3番手で並走。最後の直線でマウントゴールがいち早く抜け出して勝って、ラプソディは3頭横一線となった2着争いでわずかに先んじた。

 馬連の的中1970円に対して、傾斜買いロジックが10口。“10倍返し”の1万9700円という大ホームランが完成した。

 実はこのSIVA予想、①ガロアクリークが右足破行の故障によって競走除外となったことがターニングポイントとなっていた。SIVAはガロアクリークを◎に推しており、これが結果的に運命を左右したのだ。除外前、除外後のSIVA予想を見てみよう。

 【除外前】
 ①=②⑧⑨⑩⑪⑫ 計6点、9口
 ⑧⑫ 1口
 【除外後】
 ⑧⑫ 10口

 ガロアクリークが除外される前、SIVAは①から流す6点を予想で提示していた。これが競走除外に伴って予想洗い替えとなり、当初7点でただ1点①を絡めなかった⑧⑫が有力買い目に急浮上。SIVAは全10口を割り当てて、結果的に高額配当をたぐり寄せた。

 <5月15~169日(2日間合計)の的中本数/回収率>
  単 勝 15/53.5%
  3連単 11/39.8%
  馬 連 29/104.0%
  ワイド 48/83.0%

 スポニチAI競馬予想 SIVAは、1R限定、1日限定、1カ月使い放題プランが選べ、印だけではなく1カ月使い放題の会員様に出走馬の評価を数値化した「SIVA指数」を提供している。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示