【浜田・東京本社ワンモアトライ】5日中京11R 絶好の左回りでサンレイポケットが連勝

2021年6月5日 08:00

 鳴尾記念。戦前に兵庫県鳴尾村(現西宮市)に存在した鳴尾競馬場を記念した重賞。従って従来は阪神開催だが、今年は京都改修の変則日程で中京開催。出走馬中屈指のサウスポーであるサンレイポケットには願ってもない舞台設定だ。右回り【1214】に対し、左回り【4223】。前走の新潟大賞典で待望の重賞初Vを飾ったが、重賞での3着以内好走は全て左回りだ。加えて芝2000メートルも【4314】と最適距離。当舞台は下級条件ながら2勝を挙げている。連続開催で酷使され荒れた芝も、同様の新潟で克服済み。この頭数で外差し傾向の強い馬場なら、大外枠もむしろプラスと捉えた。(13)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示