タダしい競馬の見方塾 ~2021 ユニコーンS~

ユニコーンSを制するサヴァに1馬身差をつけ勝利するスマッシャー

タダしい競馬の見方塾 ~2021 ユニコーンS~

2021年6月22日 10:45

 キャリア豊富な競馬記者Aがレース結果を詳しく解説する「タダしい競馬の見方塾」。今回は20日に開催された「ユニコーンS」編。

 過去6年の勝ち馬が全てのちにGⅠ馬に輝いた、国内最強の出世レース。今年、制したのはスマッシャーだった。実は筆者、この馬の単勝を獲った。7番人気にすぎなかったが能力を高く評価していた。まずは今年1月に勝った未勝利戦。2着馬に1秒2差つける完勝だった。重馬場とはいえ勝ちタイム1分24秒5も速い。そして、負けた馬から次走以降に白星をマークした馬が5頭も出た。ユニコーンS同様、このレースも「出世レース」となったのだ。そんなレースを圧勝したのだから強いことは間違いとインプットしておいた。

 1勝クラス勝ちの際に見せた脚も素晴らしかった。上が3F36秒9。よく追い上げたように見えた2着馬が37秒9だから脚の違いは歴然としていた。ここで高い能力を確信。続く端午Sで単勝馬券を買ったが3着。4角10番手では少々後ろ過ぎたかもしれない。久々も響いていた可能性がある。もう一度、買ってみようということで臨んだのが今回だった。

 4角8番手から上がり3F最速(35秒4)の決め手を繰り出し、長い直線を生かして差し切り。ほぼ読み通りだった。4勝を挙げた姉モルフェオルフェがマイルが得意だったので、マイルまでは大丈夫だろうと考えたが、この勝ちっぷりならマイルが最適の可能性もある。将来のフェブラリーSを勝てる素材が誕生した一戦だった。

 2着サヴァは14番人気だったが、そう思わせない強さがあった。直線を向き、胸突き八丁の最も厳しいところでラップを上げて先頭に立った。最後は勝ち馬の切れに屈したが、差し馬が上位を占める中。3番手で立ち回って2着に残ったこの馬の粘りは目を引いた。

 一方、20日の阪神11R GⅢマーメイドSは、荒れる牝馬限定のハンデ戦。今年も33万馬券の大波乱結末が待っていた。主役となったのは10番人気シャムロックヒル。最内枠から押してハナを主張し、そのまま逃げ切るという波乱演出の基本形だった。ただ、今回の鞍上に指名された藤懸騎手は追い切りに2度またがって感触をつかんでいた。スタート後に押してしっかりとハナを主張した点も好感が持てた。

 直線を向き、シャドウディーヴァが迫ったが、そこで振り切ったのはハンデ差(50キロ、シャドウディーヴァは55キロ)もあったか。外から5番人気クラヴェルが迫ったが首差押し切った。

 藤懸騎手はこれが初重賞制覇。調教での仕上げのうまさは評判で「最終追いは藤懸に任せればOK」と言われるほど。技術が確かなことは間違いなかった。今回の大仕事のきっかけは間違いなく今年のオークスでの3着(ハギノピリナ)だったと思う。あの走りで「自分でもやれる」という自信が生まれ、思い切りのいい騎乗につながったのではないか。これをきっかけにさらに飛躍してほしい。

 2着クラヴェルは後方待機からの決め手勝負。横山典騎手らしい騎乗ぶりだった。この騎手の51キロでの騎乗はなかなか見ない。執念を感じた。3着シャドウディーヴァの福永騎手もさすが。気がつけば勝負どころでインにいた。繰り返しになるが、最後はハンデ差が響いた。

 ♤競馬記者A スポニチSIVA運営に携わる競馬記者。取材歴は20年超のベテランで、メディア出演実績も多数。本人いわく「運だけは人一倍」。

 スポニチAI競馬予想 SIVAは、WEB版、iOSアプリで月額980円の新プランをスタートしました。これまでの月額3000円「全レースパック」に加えて、開催各場の10-12Rの予想が見られる「メインレースパック」、東京・中山・札幌・函館・福島の5競馬場の予想見られる「東日本パック」、阪神・中京・京都・小倉・新潟の5競馬場の予想が見られる「西日本パック」を用意いたしました。「メインレース」「東日本」「西日本」パックはいずれも月額980円。※予想はいずれも新馬戦と障害レースを除く。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示