【浜田・東京本社ワンモアトライ】31日函館11R まだ伸びしろがあるルビーカサブランカに期待

2021年7月31日 08:00

 STV杯。ルビーカサブランカの前走は出負けして後方からの競馬。小回りの函館では厳しい位置取りに見えたが、直線で勝ち馬と並ぶ最速3F35秒2の末脚を繰り出して0秒2差3着まで追い上げた。位置取りの差が悔やまれる内容。函館芝は白星こそないが、前走含め【0210】。洋芝への適性は高い。今回は前走で勝負付けの済んだ相手がほとんど。唯一、先着を許したサクラトゥジュールは大外枠を引いた。口向きや折り合いに課題があるタイプで、壁をつくり辛い枠はマイナス。発馬さえ決めれば、今度は逆転可能だ。(10)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示