【浜田・東京本社ワンモアトライ】28日小倉9R 熊本の偉大な先輩を追ってシュンメキラリが躍動

2021年8月28日 08:00

 白毛ソダシの札幌記念Vで、やや影が薄くなってしまったが、雨の北九州記念をド根性差しで制したヨカヨカも見事だった。九州産としては16年ぶり、熊本県産としては史上初のJRA平地重賞制覇。しかも舞台は小倉。記者は九州とは縁遠いが、当地出身のファンにとっては、たまらない瞬間だっただろう。

 ひまわり賞。昨年、ヨカヨカが圧勝した舞台に今年も熊本産のシュンメキラリが駒を進めてきた。オープンとはいえ、公営佐賀から参戦の2頭を除けば、相手は全て未勝利馬。重賞Vに沸く一方で、これが九州産馬の厳しい現実でもある。ライバルのうち8頭が新馬戦で圧倒したメンバー。ここが3勝目だったヨカヨカと比べるのはかわいそうだが、普通に走ってくれば55キロでも負けないはず。九州ドリームを手にした先輩馬の背中を追う。(5)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示