【浜田・東京本社ワンモアトライ】18日中京11R コース巧者ショウナンバルディが格の違いを見せる

2021年9月18日 08:00

 ケフェウスS。ショウナンバルディは中京芝10Fで【2111】。これにはG3鳴尾記念2着、中日新聞杯4着が含まれているから、相性の良さはかなりのものだ。特に鳴尾記念は勝ったユニコーンライオンが続いて出走したG1宝塚記念で、現役最強クロノジェネシスの2着。ブラストワンピース、ペルシアンナイトと2頭のG1馬を従えての連対は価値が高い。オープン特別で、これまで戦ってきた相手に比べれば、かなり楽な組み合わせ。全4勝中、2勝の手綱を取っている岩田康との再コンビも魅力だ。ハンデも55キロ止まりなら、むしろ恵まれた印象。極端な馬場悪化だけが懸念材料だが、適性でカバーしてオープン初Vだ。(1)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示