【浜田・東京本社ワンモアトライ】21日阪神9R オタルエバーが今度こそ決める

2021年11月21日 08:00

 秋明菊賞。オタルエバーは新潟のデビュー戦が逃げて4馬身差の楽勝。2着コリエンテスも、先々週の東京で勝ち上がった。新潟2歳Sは3着止まりも、勝ったセリフォスは続くデイリー杯2歳Sで重賞連勝。相手も強かった。前走も逃げて首差2着の惜敗。勝ち馬も素質馬で、同舞台で新馬勝ちしていた分、経験と適性の差が出たか。いずれにせよ3戦の内容から、マイルまでなら世代屈指のスピードを有しているのは明らか。デビュー2戦に騎乗した幸に手綱が戻り、先週のエリザベス女王杯をアカイイトで制した中竹師との“タイムリー”なコンビ復活。戦歴からも、ここは譲れない。(2)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示