【浜田・東京本社ワンモアトライ】4日阪神11R G1級の能力秘めるソーヴァリアント

2021年12月4日 08:00

 チャレンジC。昨年は3歳牝馬のレイパパレが無敗で挑戦。連勝を5と伸ばし、翌年のG1大阪杯Vへとつなげた。今年も3歳牝馬ジェラルディーナが3連勝で参戦。期待は大きいが、これを止めるとすれば同じ3歳でも牡馬ソーヴァリアントの方だ。夏の札幌2戦は後続に影すら踏ませぬワンサイドV。勢いそのままに臨んだ前走セントライト記念は、コース巧者の伏兵アサマノイタズラの大駆けに屈したが、いったんは抜け出す横綱相撲。1馬身3/4離した3着オーソクレースが菊花賞2着だから、評価できる内容だ。振り返れば弥生賞4着の先着馬はタイトルホルダー、シュネルマイスター、ダノンザキッド。いずれも世代を代表する実力馬でG1ホース。本馬もG1級のポテンシャルがあるのは間違いなく、G3はあっさり突破する。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示