【浜田・東京本社ワンモアトライ】9日中京10R ようやくオープン入りが見えたテンハッピーローズ

2022年1月9日 08:00

 新春S。テンハッピーローズは昨春、重賞で善戦しながら桜花賞を目指したが、惜しくも賞金を積むことができず断念。クラシックシーズンが終了した6月に、ひっそりと自己条件から再出発した。そこから4戦して2→1→1→2着。堅実な内容で着実に実績を積み上げ、再びオープン入りが見える位置まで来た。

 あす10日は中山でファアリーSが行われるが、実は昨年のフェアリーSで◎を打ったのがこの馬。サフラン賞でサトノレイナス、アルテミスSでソダシ。後に阪神JF、桜花賞でワンツーを決める2頭に食い下がった実力を評価しての本命だった。残念ながら4着に敗戦。もし勝って、桜花賞に出ていたら…。好勝負できたかもしれないが、それは“タラレバ”の話。回り道はしたが、こうして再びオープン入りが狙える位置まで来た。当時の見立ては間違っていなかったと納得している。今年はさらなる飛躍を願う。(13)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示