【浜田・東京本社ワンモアトライ】15日中京10R 適条件でフォラブリューテの反撃

2022年1月15日 08:00

 紅梅S。フォラブリューテは1戦1勝で臨んだ前走・アルテミスSで1番人気に支持された。結果は5着。スタート直後に両サイドから挟まれ、2度、3度と接触。これでスイッチが入ってしまい、前半は制御が困難になるほどエキサイトしてしまった。力んだ分、後半の伸びに影響した模様。それでも次走で阪神JFを制したサークルオブライフと0秒5差。上位3頭はキャリア2戦以上で経験の差も露呈した形だ。

 初戦は中団から3F33秒0の脚で抜け出し、2着に4馬身差の圧勝。母がG1馬ブルーメンブラットという血統も含め、前走が実力ではないのは明らか。前向きすぎる面があるだけに、現状では1F短縮もプラス。前走で強敵と厳しい内容も経験し、スムーズに力を出し切れば反撃必至とみた。(1)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示