【万哲の乱 特別編】29日東京10R ◎レッツリブオンの楽しみな22年初戦

【万哲の乱 特別編】29日東京10R ◎レッツリブオンの楽しみな22年初戦

2022年1月29日 08:01

 東京10R・クロッカスSは今年初戦の◎レッツリブオンに懸ける。前走・京王杯2歳S(5着=上がり3F33秒9)を含めて、これまでの全5戦中、上がり3F33秒台を4回記録している切れ者。一見、ダート色が濃いダノンレジェンド産駒なのになぜ?

 伊藤大師は「母系にマキャベリアンが入っているのが影響していると思う」と分析する。マキャベリアンの直子といえば、日本ではコクトジュリアンやグラスボンバーがおなじみ。また、マキャベリアンは母の父としてもヴィクトワールピサ(10年有馬記念優勝)やアサクサデンエン(05年安田記念優勝)などG1馬を輩出。冬の東京開幕週の絶好馬場。充電効果でさらに成長したとあれば、自慢の爆発的な切れが生きるのは確実。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示