【浜田・東京本社ワンモアトライ】23日阪神11R 良家の血が騒ぐアールドヴィーヴル

2022年4月23日 08:00

 難波S。アールドヴィーヴルは昨年、牝馬3冠に皆勤して5、5、7着。G1では力及ばずも、前哨戦ではさらに善戦。G3クイーンCでは秋華賞を制したアカイトリノムスメに首差2着。G2ローズSでは秋華賞で3、4着のアンドヴァラナウト、エイシンヒテンに次ぐ3着。重賞で通用する能力は示しており、3勝クラスは楽に突破できる素材だ。

 父キングカメハメハ×母の父ディープインパクト。今後は見ることのできない平成2大巨頭の黄金配合。母イサベルは芝1800メートルで3勝。3大母のグレースアドマイヤも同距離で2勝挙げ、G3(当時)府中牝馬Sでは、当時の最強牝馬メジロドーベルに鼻差2着。血統背景からも初の1800メートル起用は魅力的だ。一族にフサイチコンコルド、アンライバルド、ヴィクトリーなどG1級が名を連ねる名門母系。ここはまず素質の違いを見せ、今後の重賞戦線での活躍を期待したい。(2)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示