【浜田・東京本社ワンモアトライ】7日中京11R 強敵相手も崩れないポッドボレットに期待

2022年5月7日 08:00

 京都新聞杯。かつては菊花賞トライアルとして秋に開催されていたが、00年より5月施行に。トライアルではないが、ダービーの前哨戦に位置づけられた。00年アグネスフライト、13年キズナ、19年ロジャーバローズと当レースをステップに3頭のダービー馬が誕生。同時期の正式なトライアルである青葉賞、プリンシパルSから本番を制した馬が皆無なのは、何とも皮肉だ。

 今年はどうか。注目は中京2戦2勝のブラックブロッサムだろう。前走が8馬身差の完勝。ただ、その2着馬は次走の青葉賞で1秒6差9着に大敗。対戦レベルには疑問が残る。対してポッドボレットは未勝利Vの2着が、G3連続連対でNHKマイルCに出走するタイセイディバイン。京都2歳Sもジャスティンロック(皐月賞7着)、ビーアストニッシド(スプリングS優勝)、フィデル(ホープフルS4着)に次ぐ4着。前走すみれSでは、今回も人気のヴェローナシチー(若葉S2着)を一蹴している。一見、地味な戦歴も中身は濃い。ここはキャリアの違いを見せる。(12)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示