【浜田・東京本社ワンモアトライ】15日中京11R 7歳でも伸びしろ十分なディサーニング

2022年5月15日 08:00

 栗東S。思わず思考がフリーズしてしまうほどの大混戦。こういうレースは理詰めで予想しても当たらない。直感を信じる方がいい。各馬の前走で最も印象に残っているのは、ディサーニングの名鉄杯。道悪の前残り決着に、大外鋭伸で割って入る2着。内容も目を引いたが、それ以上に驚いたのが鞍上。今年3月にデビューした角田大河は、これがオープンもメインレースも初騎乗。デビュー戦からいきなり2連勝した大型新人とはいえ、ルーキーがテン乗りで減量特典のないオープンで小差2着。もちろん腕は認めた上で、馬に力がなければできない芸当ではないか。今回はベテラン和田竜が騎乗し、前走より2キロ軽い55キロ。中京千四は【1202】と好相性だ。既に7歳だが、4~6歳時に2年近い休養を経験しており、キャリアはわずか17戦。まだ伸びるはず。鞍上強化で重量減なら、前走以上のパフォーマンスを期待。(2)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示