【浜田・東京本社ワンモアトライ】4日中京11R 地力強化のカイザーバローズに期待

2022年6月4日 08:00

 鳴尾記念。カイザーバローズの前走・新潟大賞典は昇級初戦でいきなりの重賞挑戦。スタートで挟まれ、後方に下げる展開。道中も決してスムーズな運びではなかったが、直線は最速の上がりをマークして、勝ち馬に首差2着まで迫った。持ち時計も大幅に詰め、1分57秒台の高速決着にも対応。重賞初挑戦としては上々の内容だった。

 中京2000メートルは【1010】と舞台替わりはむしろ歓迎。今回は別定戦になるが、背負い慣れた56キロ止まりなら問題ない。鞍上も3勝の主戦・川田にスイッチと条件は全て好転。手頃な頭数と差しの決まる馬場で、初タイトルを奪取する。(8)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示