【浜田・東京本社ワンモアトライ】5日中京11R 砂で復活したチェーンオブラブ

2022年6月5日 08:00

 松風月S。こういう風流なレース名は好み。国際化の時代だからこそ、美しい日本語を大事にしてほしいと思う。

 それはさておき、チェーンオブラブは3歳時に芝G3フェアリーS2着。オークスでも0秒5差6着に健闘した。将来を期待されたが、その後は低迷。4歳時には2桁着順を繰り返した。転機は昨年暮れのアクアラインS。休み明けで初ダート。しかも1200メートルも初めて。厳しい条件に思われたが、鋭い末脚であっさり差し切った。畑違いと思われた適性を、しっかり見抜いた陣営には拍手しかない。

 続くオープンのジャニュアリーS3着でフロックでないことを示し、その後は中東遠征。サウジアラビアG3で3着、ドバイG1で4着と結果を残し、末脚が世界に通用することをアピールした。目下最大の課題は少ない収得賞金。現状では出たいレースに出られる状況ではない。直線の長い中京での末脚比べは望むところ。メンバーも手頃な“平場”のここで賞金を積んでおきたい。(13)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示