【浜田・東京本社ワンモアトライ】11日中京11R 良血対決を制するのはライティア

2022年6月11日 08:00

 桑名S。3勝クラスとは思えないほど良血馬がズラリと顔をそろえた。目移りするが、中心はライティア。骨折で1年以上の休養を要したが、今年2月に戦列復帰すると3戦して3→2→2着。いずれも勝ち馬とタイム差なし。同舞台の近2戦は鼻差の惜敗だ。好位で運べる安定感と、良馬場なら3F33秒台に突入する末脚が武器。16年オークスVシンハライトを筆頭にアダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S)、リラヴァティ(マーメイドS)と兄姉3頭が重賞Vの優良母系。5歳ながらキャリア9戦の本馬も、まだまだ伸びしろがありそうだ。飛躍の秋へ、ここは決めておきたい。(4)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示