【浜田・東京本社ワンモアトライ】12日中京11R 舞台巧者の一騎打ちムード

2022年6月12日 08:00

 三宮S。枠が隣同士となった中京巧者2頭が狙い目。◎ハヤブサナンデクンは当地ダート【2200】。左回り通算も【2401】。唯一の着外は本格化以前に挑戦した新潟G3(レパードS8着)のみという典型的なサウスポーだ。半馬身差の2着だった3走前の雅Sでマークした1分51秒0(良馬場)の時計も優秀。勝ち馬グロリアムンディはその後にオープンの名古屋城Sを連勝し、G3アンタレスS2着。相手が強すぎただけで、重賞級のポテンシャルは十分示している。オープン特別で前走据え置きの55キロは有利。

 一方、○スレイマンは当地ダートで3連勝中。3戦で2着につけた着差は計9馬身以上と圧勝続きだ。芝G17勝を挙げたジェンティルドンナの半弟がダートで快進撃。競馬は奥が深いし、やってみないと分からないことが多い。こちらは回りに関係なくダートで【4100】。底を見せておらず、まだまだ伸びしろ十分も感じる。馬券は(10)を軸に(11)を厚めに。脚質も似た2頭の叩き合いに期待する。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示