【浜田・東京本社ワンモアトライ】18日阪神11R 活躍続くコントレイル世代カーネリアンを忘れるな

2022年6月18日 08:00

 この春はコントレイル世代(現5歳)の活躍が目立つ。先々週は鳴尾記念でヴェルトライゼンデが復活V。安田記念では8番人気サリオスが3着激走。先週のエプソムCではガロアクリークとダーリントンホールが小差の2、3着に入った。来週の宝塚記念で人気の一角を占めるディープボンド、オーソリティも同世代。いずれも無敗3冠馬とG1舞台でしのぎを削った。大将は早々にターフを去ったが、残った同期がその価値を高め続けている。

 米子S。ウインカーネリアンは芙蓉Sでオーソリティの2着。皐月賞ではコントレイル、サリオス、ガロアクリークに次ぐ4着。3歳春の時点では世代トップクラスに名を連ねていた1頭だ。蹄葉炎という競走馬にとっては重い病を克服。前走・谷川岳Sで見事な復活Vを果たした。この中間は昨年の年度代表馬エフフォーリアの調教パートナーを務め、毎回互角以上の動きを披露。さらに調子を上げ、3冠馬世代の実力を見せつける。(14)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示