【浜田・東京本社ワンモアトライ】26日阪神8R 立て直された良血アルナシームが再出発

2022年6月26日 08:00

 城崎特別。アルナシームの母ジュベルアリはアルアイン、シャフリヤールの全姉。つまり皐月賞馬とダービー馬の“おいっ子”という超良血だ。ただ、デビュー戦こそ勝ったが、気性が若く発馬難もあってその後は伸び悩み気味。それでも挑戦した朝日杯FSで4着健闘。1着ドウデュース(ダービー)、3着ダノンスコーピオン(NHKマイルC)、5着ジオグリフ(皐月賞)。上位入線馬が次々とG1を制覇しているハイレベル戦で価値は高い。スプリングS7着の時点で春のG1を諦め、早々と休養させたのは正解。小柄な馬体が成長し、追い切りでも以前よりコントロールが効くようになった。将来は重賞でも勝負になるはずの好素材。1勝クラスからの再出発となるここは負けられない。(4)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示