【浜田・東京本社ワンモアトライ】17日阪神10R 名牝の娘ジェラルディーナの飛躍に期待

2021年10月17日 08:00

 西宮S。秋華賞直前の3勝クラスと言えば、昨年は京都で大原Sとして行われた。秋華賞を賞金不足で除外となったレイパパレとクラヴェルが出走。見事にワン・スリーを決めた。レイパパレはその後も快進撃を続け、6戦無敗でG1大阪杯を制したのは記憶に新しい。今年も同様の除外組から3頭がエントリー。中でも期待したいのがジェラルディーナだ。母は牝馬3冠含むG17勝のジェンティルドンナ。父はG16勝のモーリス。良血の宿命で人気先行の歯がゆい競馬が続いたが、夏の小倉2戦は文句なしの快勝。いよいよ本格化の気配が漂ってきた。

 テンションが高く、現状では母ほどの距離の融通性は望めないが、ゆえに千八はベスト。ここを突破すれば、昨年のレイパパレのような出世街道に乗る期待が持てる。秋華賞はアパパネの子アカイトリノムスメに◎を打ったが、こちらも3冠牝馬の娘。ここで資金を増やして3冠つながりのG1へ。自己責任で“所得倍増”を目指す。(9)から。

コラム一覧

その他のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示