【クイーンS】ナルハヤ、菜七子で変身 軽めでも伸び伸び、陣営「全身うまく使って走らせてくれる」

2020年7月30日 05:30

ナルハヤに騎乗して追い切った藤田菜七子(撮影・千葉茂) 

 2度目のJRA重賞Vだ。「第68回クイーンS」(8月2日、札幌)の追い切りが29日、札幌競馬場で行われ、藤田菜七子(22)騎乗のナルハヤが軽快なフットワークを披露。現地入りして自ら感触を確かめた菜七子も19年カペラS(コパノキッキング)に続く重賞制覇へ手応えを膨らませた。

 菜七子が札幌に帰ってきた。開門時間の午前5時半、所属する根本厩舎のサイモンサーマルにまたがり、馬場入り。ダートコースでの追い切り後、2頭目に騎乗したのがナルハヤだ。角馬場でウオーミングアップを行い、芝コースへ向かった。3~4コーナーで徐々にペースを上げ、直線は力強い脚さばきで駆け抜けていく。静寂に包まれた競馬場に蹄音が鳴り響いた。時計は6F81秒7~1F12秒7。引き揚げてきた藤田菜七子は好感触を口にした。

 「栗東である程度やってきているし、輸送もしているので確認の意味での追い切り。競馬の時と違って、リラックスして走っていました。しまいもやれば反応してくれそうな雰囲気でしたし、いい感じでしたね」

 パートナーとは今回で12回目の騎乗。今年初戦の小倉ではコンビを組んで初Vに導いた。「なかなか勝てなかったけど、1勝クラスを勝った時に馬自身、凄く良くなったのを感じていました」と回顧。格上挑戦した前走のマーメイドSも積極的に先手を奪い、4着に粘った。「一戦ごとに力をつけていると思います」と相棒の成長を感じ取る。

 菜七子とのコンビは出世の“きっかけ”になった。担当する加藤厩務員は「菜七子騎手が乗ってからダメージもなく、次につながるようになった。全身をうまく使って走らせてくれるし、馬が良くなっていくんだよね」と証言。さらに「ラブカンプーも菜七子騎手が乗ってから変わった(次走でCBC賞V)し、気持ちのいいリズムで走れるようになったのかも」と、鞍上のリードを評価する。

 昨年は札幌のワールドオールスタージョッキーズに参加、2日目の4Rでは勝ち星も挙げた。1年ぶりに戻ってきた札幌の洋芝について「開幕2週目で馬場も良かった。(ナルハヤは)洋芝もこなせると思います」とジャッジした。俳優の陣内孝則(61)が所有することでも注目されるナルハヤ。「オーナーには、ずっと乗せていただいている。感謝して、結果で応えられるように頑張りたいです」。鞍上はレースまで当地に滞在し金、土曜もパートナーの調教に騎乗。勝利を目指し、さらにコンビ愛を深めていく。

特集

2020年7月30日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示