【梅ちゃん先生 特別編】21日東京11R サンダーで穴狙い

【梅ちゃん先生 特別編】21日東京11R サンダーで穴狙い

2021年2月21日 08:00

 本紙コラムでは小倉11R・小倉大賞典のカデナをイチ押ししたが、東京11R・フェブラリーSでは“雷の独奏者”ことソリストサンダーで穴狙い。

 前走・門司Sはオープン特別とはいえ、強い競馬だった。58キロを背負い、ハイペースを4角先頭の強気なレース運び。直線半ばで後続が猛追すると、二枚腰を使うように再び突き放した。着差(1馬身1/4)以上に強さを浮き立たせた。

 東京ダート1600メートル戦は2戦して2着2回。昨年の武蔵野Sではサンライズノヴァに3/4馬身かわされたが、残り200メートルで先頭に立つ見せ場たっぷりのレースぶり。「直線で少し内にモタれた分、追いつかれた感じ」と北村宏はレース後に悔しがった。武蔵野S以来2度目の騎乗。モタれなければ…。小倉に春一番が吹くなら、東京には雷鳴がとどろくか。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示