【梅ちゃん先生 特別編】10日中京11R リンゴアメで穴狙い

【梅ちゃん先生 特別編】10日中京11R リンゴアメで穴狙い

2022年1月10日 08:00

 本紙の予想コラムでは中山11R・フェアリーSのスクルトゥーラと中山9R・成田特別のグッドリドゥンスを推奨したが、中京11R・淀短距離Sはリンゴアメで穴狙い。

 前々走・UHB賞(7着)は馬体重12キロ増、前走・タンザナイトS(5着)は8キロ増。勝ち馬から0秒2差だったこの2戦は着実に体を増やしている。「太め感はないし、体重増は成長分だと思う」と菊川師が語る通り、黒鹿毛の馬体は張りに満ちている。

 休み明けをひと叩きされた上積みと重賞(函館2歳S)勝ちの実績があれば、勝負になるかもしれない…。初詣の帰り、境内の屋台で験担ぎにリンゴアメを買ってみた。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示