【梅ちゃん先生 特別編】24日東京11R ラスールの連勝

【梅ちゃん先生 特別編】24日東京11R ラスールの連勝

2022年4月24日 08:00

 東京11R・フローラSではラスールをイチ押しする。後続を楽に3馬身半突き放した圧巻のデビュー戦。手綱を取ったルメールは顔を紅潮させながらこう語った。「新しいグランアレグリアです」。出遅れても労せず好位につけられるスピード、ラスト3F11秒2~11秒5~11秒6のハイラップを楽々抜け出す瞬発力。G16勝のグランアレグリアを想起させる性能だ。

 続くシンザン記念は初の関西遠征で気負い過ぎて7着に敗れたが、前走の圧勝でオープン入りを決めた。

 「グランアレグリアみたいにスピードの絶対値が違う。15│15(1F15秒の強めのキャンター)はラスールにとって普通キャンターだから無理に引っ張るなよ」。スタッフにこんな指示を出していた藤沢和雄調教師の引退後は宮田厩舎へ転厩。ハミをかみやすいため新たに覆面着用で距離延長を克服させる構えだ。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示