【府中牝馬S】アブレイズ 仕上がりは順調、陣営「1800mは勝っているし、いいはず」

2021年10月13日 05:30

坂路でキャンター調整するアブレイズ

 アブレイズは当舞台で行われた春のメイSの勝ち馬。前走のマーメイドSでは6着だったが、トップハンデ56キロを考えれば悪い内容ではなく、兼武助手は「伸びてはいるけどハンデの分はあったのかな。体も少し余裕があった」と振り返る。前走後は休養し、帰厩後は坂路で丹念に乗り込んできた。「順調に来ていますね。中間は動くのは動いている。1800メートルか2000メートルどっちがいいのか分からないが、1800メートルは勝っているし、いいはず」と期待を寄せていた。

特集

2021年10月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示