【梅ちゃん先生 特別編】11日中京11R クラヴィスオレアで大穴狙い

【梅ちゃん先生 特別編】11日中京11R クラヴィスオレアで大穴狙い

2021年1月11日 08:00

 本紙コラムでは中山11Rのオプティミスモをイチ押ししたが、中京11R・すばるSはクラヴィスオレアで大穴狙いだ。中央のダートは未経験だが、2歳の道営所属時代には1戦1勝。デビュー戦を逃げ切りで飾っている。重たい札幌の芝で3勝クラスを圧勝したパワーの持ち主。中央のダートでも通用する可能性がある。

 もまれ弱いだけに大外枠を引いたのもプラス材料。中京のダート1400メートル戦は発走地点から芝が128メートルも続く特殊なコース。東京ダート1600メートル戦(発走地点から芝が97メートル)、中山ダート1200メートル(同84メートル)よりも長く芝を走る。芝からダートに転向した馬にとっては戦いやすい舞台。クラヴィスオレアなら序盤で楽に先手を取れる。 

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示