ジンジャーブラッド 当日の落ち着きがカギ

2021年7月30日 14:55

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて10鞍に騎乗します。

ボルタドマール(土曜1R)の前走は外に張っていたので、左回りの新潟に替わるのは良いと思います。ダートは合っているので、うまく立ち回ればチャンスはあると思います。


ジンジャーブラッド(土曜7R)の前走はイレ込みがキツかったですね。このクラスでもやれる能力はあるので、あとは当日の落ち着きがカギになりそうです。

グラドゥアーレ(日曜8R)はハマり待ちですね。いつも通りの競馬をして展開が向くかどうかです。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
1Rボルタドマール ☆☆☆
 前走はハイペースを先行し0.2秒差の3着とダート適性を示す好内容。先行有利な新潟に替わるのはプラスで、今回も上位争い可能。前走は3角で躓く不利があったクラーベドラド、センスがいいカラフルキューブ、いいスピードを持っているハルキファイトが強敵か。


2Rネフュージュニア ☆☆
 前走は10着だったが、洋芝が合わなかった印象。春の新潟で3、5着があるようにコース替わりはプラス。展開ひとつで前進は十分可能。末脚堅実なヘアケイリー、調教の動きが良くなっているヤマニンサンパ、長くいい脚を使えるテイクバイストームが上位候補か。


5Rメジャークオリティ ☆☆
 もう一追い欲しいところだが、時計的には及第点。気性も問題なく、初戦から差のない競馬ができても。好馬体のショウナンアメリア、好時計をマークし動き目立つプラニエータ、鋭い動きを見せているランコントルが上位候補か。


6Rクイーンアポーン ☆☆
 全体時計は悪くはないが、まだ追ってからの反応が物足りない印象。使いつつ良くなってからか。質の高い併せ馬を消化してきたザンゲツ、中間に栗東坂路で51秒台の好時計をマークしているタイセイフェイバー、短距離向きの気性でいいスピードを持っているロッホローモンドが上位候補か。

7Rジンジャーブラッド ☆☆☆
 前走は5着だったが、休み明けで少し気負っていた分、粘りを欠いた印象。未勝利を5馬身差つけ楽勝している実績馬で、叩き2戦目で上位争いは十分可能。前々で運べる器用さがあるサンライズグリット、前走の末脚が目立っていたアンクラウデッド、前走ダート替わりで楽勝したブラビオが強敵か。


日曜日
3Rトランセンドパスト ☆☆☆
 ダート短距離にシフトしてから安定した成績で、1200メートルも現状ではベストの距離。休み明けになるが仕上がりも良く、上位争いは十分可能。距離短縮は好材料のノーブルグレイス、渋太さを見せ前走が好内容の3着だったオープンワールド、休み明けだが好仕上がりのメイショウハマユウが強敵か。

6Rスノーグレース ☆
 まずまずの動きを見せて能力は秘めていそうだが、まだ仕上がり途上の印象。使いつつ良くなってからか。鋭い動きを見せているサブライムアンセム、好馬体で動きも目立つグランスラムアスク、1週前に抜群の動きを見せたナムラクレアが上位候補か。

8Rグラドゥアーレ ☆☆
 他力本願な面があり勝ち味に遅いが、現級での好走歴は多数。前がやり合う展開になれば食い込みがあっても。ダートでは安定しているゴールデンプルーフ、前走は躓く不利があったジッピーレーサー、末脚堅実なノーリスが上位候補か。

9Rラヴベローナ ☆
 芝・ダートは問わないが、ワンパンチ足りない競馬続き。展開の助けがないと上位争いまでは…。昇級初戦の前走で2着といきなりメドを立てたアンドヴァラナウト、好仕上がりのワイドエンペラー、前走の末脚が目立っていたマジストラルが上位候補か。

11Rフィリアプーラ ☆☆
 今回と同じ新潟1800メートルだった2走前の福島牝馬Sでは、上々の粘りを見せ0.1秒差4着。以前よりもスタートが良くなっており、前々で運べれば粘り込みがあっても。前走は道悪が応えたフランツ、充実著しいジュンライトボルト、動き良く好仕上がりのサトノウィザードが上位候補か。


<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中

コラム一覧

その他のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示