【葉牡丹賞】ノースブリッジ デビュー2連勝!後続寄せ付けず4馬身差の圧逃劇

2020年12月6日 05:30

葉牡丹賞を制した岩田康騎乗のノースブリッジ(撮影・西川祐介)

 中山9R、2歳1勝クラスの葉牡丹賞はノースブリッジ(牡=奥村武、父モーリス)が逃げ切ってデビュー2連勝を飾った。好発からスピードの違いでハナを奪うと、後続を寄せ付けず4馬身差の圧逃。奥村武師は「母や兄が1200メートルの馬だから半信半疑だったが我慢ができているし(岩田康)ジョッキーも“最後まで止まっていない”と話していた」とにっこり。今後は京成杯(1月17日、中山)を視野に調整を進める。

特集

2020年12月6日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示