【阪神牝馬S】デゼル 剛脚さく裂、G1へ弾みの重賞初制覇

2021年4月11日 05:30

ゴール前で差し切ったデゼル(中央)(撮影・亀井 直樹)

 阪神競馬場で10日行われたG2「第64回阪神牝馬S」は、1番人気のデゼルが豪快に差し切り重賞初V。優先出走権が与えられたG1ヴィクトリアマイル(5月16日、東京)の有力候補に浮上した。

 絶好調男・川田に導かれたデゼルが直線外から伸びてきた。馬群からは実績馬マジックキャッスルも浮上。同じ社台レースホースの勝負服2頭の一騎打ちを、首差しのいでゴールに飛び込んだ。G1連勝(高松宮記念→大阪杯)を含む今年JRA重賞8勝目を挙げた川田が勝利をかみしめる。

 「しっかり自分の脚を使ってくれました。独特の走り方をする馬ですが、重賞を勝ってくれて能力の高いところを証明してくれましたね」

 後方からのスタートになったが、焦らず徐々にポジションを上げた。直線手前でマジックキャッスルの外から馬体を併せ、進路を確保。右ステッキで促すとグングン加速。マークした上がり3Fは32秒5。究極の瞬発力勝負を制した。

 デビューは昨年3月の未勝利戦。桜花賞には間に合わなかったが、トライアルVからオークスに参戦。2番人気に支持されるもデアリングタクトの前に11着に敗れた。秋も順調には使えなかったが、ここにきて本格化。友道師は「体質の心配がなくなり調教をバンバンできるようになった」と成長に目を細める。

 ヴィクトリアマイルの優先出走権を手にして堂々とG1の舞台へ。川田は「距離的にも大丈夫だし、左回りに替わっても何の問題もないです」とジャッジした。鞍上は同じ舞台で行われる、11日の桜花賞で同じ勝負服のエリザベスタワーで参戦。絶好調男が春のG1戦線を盛り上げる。

 ◆デゼル 父ディープインパクト、母アヴニールセルタン(母の父ルアーヴル)17年2月18日生まれ 牝4歳 栗東・友道康夫厩舎所属 馬主・(有)社台レースホース 生産者・北海道千歳市の社台ファーム 戦績7戦4勝(重賞初勝利) 総獲得賞金1億1236万円。馬名の由来はフランス語で翼

特集

2021年4月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示