【ローズS】実りの秋へ イリマ 体質改善し連勝 G1舞台への扉を開く

2021年9月15日 05:30

勢いに乗って抽選突破を決めたいイリマ

 今週の中央競馬は18~20日の3日間行われる。日曜の中京メインで秋華賞(10月17日、阪神)トライアル「第39回ローズS」、月曜は菊花賞(10月24日、阪神)トライアル「第75回セントライト記念」(ともに3着までに優先出走権)とアツいレースが続く。春の実績馬か、夏の上がり馬か――。毎年、興味をひかれるテーマだ。ローズSにはイリマ(牝3=高橋亮)を筆頭に4頭が連勝で重賞に挑む。勢いづく新興勢力にスポットを当てる。

 ローテーションに進撃のサインがあった。イリマは昨年7月デビュー。新馬戦3着の後、3カ月の間隔を空けた。2走目も3着、そこから半年の休養。4月に立ち上げ、休み明け4走目で初勝利を挙げた。担当の山下助手は「中1週で使って未勝利を勝てたことが、いい方に出たのかもしれない。平たんの小倉というのも良かったですね」と振り返る。順調に使えるようになり、連勝と軌道に乗った。

 体質の弱い面が解消、攻めを積めるようになった。「調教をスムーズにできるようになったことが、今の成績につながっていると思います。ギリギリ間に合いましたね」。この2走でつけた着差は実に8馬身。重賞を意識できる存在へと昇華した。

 半姉スカーレットカラーもかつて高橋亮厩舎に所属、一昨年の府中牝馬Sを制した。きょうだいそろって山下助手が手がけている。「姉はカイバを食べなくて苦労したけど、この馬は食べてくれますね。この血統は急に良くなってくることがあるんですよ」。持てる素質が実を結んできた。

 前々走の未勝利勝ちは開幕週の馬場とはいえ、1分57秒5(芝2000メートル)の勝ち時計は掛け値なしに速い。同日同条件で行われた国東特別(1勝クラス)と同じタイム。中京は開幕2週目で馬場も
いい。台風の影響がどうかだが高速決着になっても不安はない。
 12日の仏フォワ賞はディープボンドが逃げ切って海外重賞Vを決めた。イリマは同じチーム・ノースヒルズのキズナ産駒。海の向こうから、いい流れが来ている。この勢いで賞金900万円組の出走抽選(13分の11)突破へ。一気にG1舞台への扉を開く。

特集

2021年9月15日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示