【根岸S】“1400専用機”テイエムサウスダン!地力強化で昨年13着の雪辱だ

2022年1月26日 05:30

テイエムサウスダン

 末脚に磨きをかけ、大得意の距離で重賞連勝を狙う。東京開幕週の日曜メイン「第36回根岸S」に出走するテイエムサウスダン(牡5=飯田雄)は昨年のこのレース13着。そこから交流重賞3勝を重ねた。地力を付け、追い切りでもしまいは切れるようになった。過去8勝のうちダート1400メートルで7勝の千四専用機。“光速の寄せ”で痛快にリベンジを果たす。

 藤井聡太竜王が23日、王将戦第2局を制して2連勝とした。将棋には「感想戦」という儀式がある。互いが対局を振り返り、敗者はその中で“負けて得られる”こともあるという。負けて光明が差すという点では、テイエムサウスダンの前々走(武蔵野S9着)がそれにあたる。吉村厩務員が切り出す。

 「前走の園田は武蔵野Sが生きたと思っています。ゲートでチャカチャカして、落鉄もあった。それでチークを外そうということになりました。レースで得るものもあって、9着でも悲観はしていませんでした」

 前走の兵庫GTは4角3番手から差し切りV。「“届かないかな”と思ったけど、伸びてくれましたからね」。この中間は岩田康が付きっ切りで稽古を付ける。この日もジョッキーを背に、CWコースで体を動かした。

 「2周乗ってもらいました。軽いペースで、いい汗をかいたと思います。寒い時季なので、汗をかかせたかった。思うような調教ができて、良かったです」

 一昨年11月の霜月Sは5カ月の休み明けでプラス26キロ、確かな成長が見て取れた。昨年は一気に交流重賞3勝。最近は「腰に凄く筋肉がついてきた」ことで追い切り時計に変化が生まれた。坂路のラスト1Fで12秒を切るようになった。

 「ラストはだいたい12秒台だったのが、11秒台を出せるようになった。1週前も11秒7だから、大したもの。いろいろと経験も積んで、強くなっています」

 1週前は坂路で4F53秒8~1F11秒7。シャープな脚いろを見せた。ここ2走の最終追い切りはともにラスト1Fで11秒台をマーク。前走はラスト2Fが11秒8→11秒9と超速ラップを刻んだ。8勝のうち7勝がこの距離という“千四専用機”。磨きのかかった末脚で、伸びゆく5歳馬がダート界の王将へと駆け上がる。

特集

2022年1月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示