【浜田・東京本社ワンモアトライ】22日小倉11R 恵量シゲルピンクルビーが巻き返す

2021年8月22日 08:00

 北九州記念。シゲルピンクルビーの前走・函館スプリントSは9着。50キロなら正直、もう少しやれるかなと思ったが甘くはなかった。桜花賞以来の実戦で初の千二。洋芝も初めて。直線は前が空かない展開も厳しかった。それでも勝ち馬とは0秒5差。それほど悲観する内容でもない。前走は戸惑ったスプリント戦の流れも、2回目なら対応できるはず。前走より一列前で運べれば、新馬、フィリーズレビューを差し切ったVパターンに持ち込める。重量は2キロ増えるが、それでも52キロ。先週、今週と追い切りの動きもよく、明らかに久々だった前走より上向いている。徐々に外差しが決まり始めた小倉。馬も馬場もそろそろ“差し頃”だ。(9)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示