ケンシンコウ 追い切りの動きは良い

2022年1月21日 14:25

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土曜中山、日曜中京で合わせて10鞍に騎乗します。

ダブルクロス(土曜4R)は乗り込んでいますが、まだ動き切れていないですね。使いつつの良化待ちになりそうです。

ケンシンコウ(日曜11R)の前走は落ち着いていいかなと思いましたが、走る方向に気持ちが向いていませんでした。前回同様に今回も追い切りの動きは良いので、あとは気分良く走ってくれるかどうかです。

今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
2Rトーセンタイタン ☆
 前走は後方のまま8着と見せ場なし。立て直した効果で調教の動きは良くなっており、ダートで少しでも前進があればいいが…。渋太さあるザッキング、長く脚を使えるコパノキャスター、前走ダート替わりで2着と変わり身を見せたケイティマジックが上位候補か。

4Rダブルクロス ☆
 坂路中心に乗り込まれているが、時計が詰まってこない現状。使いつつ良くなってからか。古馬との併せ馬で上々の動きを見せているジョイス、一追い毎に動きが良くなっているラートリー、最終追い切りで水準の動きを見せているアオカミが上位候補か。

6Rアースロマン ☆
 ここまで3戦しているが、9着が最高着順。立て直した効果でどこまで変わるかだが…。好仕上がりのエンギダルマ、前走は不利があり力を出せなかったレッドミラージュ、距離延長は歓迎のロジスピードが上位候補か。

8Rスズノイナズマ ☆☆
 展開の助けは必要だが、道中脚を溜めれば末脚は使えるタイプ。未勝利勝ち時に負かした2、3着馬が1勝クラスでも上位争いしていることからも、今回のやや低調なメンバー構成なら上位食い込みがあっても不思議ではない。中山では大崩れがないワカミヤクオーレ、立て直した効果で動きが良くなったコズミックマインド、相手なりに走るナイトフローリックが上位候補か。


日曜日
3Rデームフォーチュン ☆
 乗り込み量は十分だが、追い切り時計は平凡。使いつつ地力強化が必要な印象。好仕上がりで馬体の良さも目立つハーランズセンス、古馬相手に先着と動き目立つカネコメシスター、一追い毎に動きが良くなっているアクアヒナが上位候補か。

5Rバトルシャイニング ☆☆
 新馬戦では離された6着だったが、直線で大外に出してからの末脚は見所十分。2戦目でもう少し流れに乗れれば上位食い込みがあっても。末脚堅実なエターナルビクトリ、使いつつ動きが良くなっているホウオウフウジン、前走は展開が向かなかったニューヴァージョンが上位候補か。

6Rワンダーブレット ☆☆
 一追い毎に良くなり、最終追い切りでは栗東坂路で51秒台の好時計をマーク。大型馬だが太目感のない仕上がりで、初戦から差のない競馬ができそう。非凡な瞬発力を持つマッドクール、水準以上の時計をマークしているピラティス、追ってから味があるオマツサマが上位候補か。

8Rテーオーラファエロ ☆☆
 ダート4勝デルマネコムスメなど兄姉はダートでの活躍の方が多い。1勝クラスの芝では一息な成績だが、初ダートで変わる可能性も。前走は包まれ脚を余したショウナンアーチー、ダートは安定しているフォルツァンド、末脚堅実なワイドレッジャドロが上位候補か。

9Rオータムヒロイン ☆☆
 骨っぽい相手が揃っていた前走で5着と健闘。一瞬の脚は鋭く、立ち回りひとつで上位食い込みがあっても。重賞でも好走しているミスフィガロ、中京実績があるルージュメサージュ、マイペースなら渋太いフローズンスタイルが上位候補か。

11Rケンシンコウ ☆☆
 3走前、後にみやこSを制するメイショウハリオに5馬身差をつけ楽勝など能力は確か。ムラ駆けだが中間の動きも良く、能力全開なら上位食い込みがあっても。中京巧者のオーヴェルニュ、前走はバランスを崩す不利があったブルベアイリーデ、好仕上がりのサンライズホープが上位候補か。


<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示