【京成杯AH】スマイルカナ、スピード感満点 高橋祥師「美浦に戻ってから順調」

2020年9月10日 05:30

ウッドチップコースで追い切るスマイルカナ(撮影・郡司 修)

 スマイルカナ(牝3=高橋祥)は柴田大を背にWコースで単走で5F67秒5~1F11秒9(馬なり)。スピード感満点に駆け抜けた。高橋祥師は「美浦に戻ってから順調。暑さがどうかなと思ったが、うまく過ごせている」。前走・米子Sは古馬相手に快勝。「体つきも少しずつ成長。今度も古馬と一緒になるがハンデ差もあるし、走り慣れた中山マイル。いい条件だと思う」と夏王者を見据えた。

特集

2020年9月10日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示