【京成杯AH】トロワゼトワル、軽く12秒2で万全

2020年9月10日 05:30

坂路で追い切るトロワゼトワル(撮影・平嶋 理子)

 日曜中山のメイン、京成杯オータムハンデの追い切りが行われた。連覇を狙うトロワゼトワル(牝5=安田隆)は坂路をきびきびと上がり、ラスト1Fは12秒2。安田隆師は「輸送を考慮して軽め。順調ですよ」と満足げ。

 前走・関屋記念(2着)はしぶとく粘り、この馬らしい逃げっぷりが復活。Vならサマーマイルシリーズ逆転優勝だ。「昨年はびっくりするくらい強かった。どんな競馬になるか。勝ってチャンピオンになってほしい」と意気込んだ。

特集

2020年9月10日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示