【次走】カレンブーケドールは宝塚記念を視野も「状態次第では休養も」

2021年5月5日 05:30

 【古馬次走】
 天皇賞・春3着カレンブーケドール(牝5=国枝)は宝塚記念(6月27日、阪神)を視野に入れるが「状態次第では休養も」と国枝師。

 同5着ウインマリリン(牝4=手塚)は「エリザベス女王杯あたりが目標になりそう」と手塚師。

 同2着ディープボンド(牡4=大久保)、同7着ユーキャンスマイル(牡6=友道)、同8着マカヒキ(牡8=友道)は放牧。

 同13着オセアグレイト(牡5=菊川)は放牧でオールカマー(9月26日、中山)か京都大賞典(10月10日、阪神)で始動予定。

 大阪杯8着ブラヴァス(牡5=友道)は鳴尾記念(6月5日、中京)へ。

 吾妻小富士S1着サトノギャロス(牡5=西園)は平安S(22日、中京)を視野。

 府中S1着ヤシャマル(牡4=尾形)はエプソムC(6月13日、東京)。

 来週のヴィクトリアMで除外対象のエーポス(牝4=北出)は京王杯SC(15日、東京)に向かう。

 【3歳次走】
 青葉賞2着キングストンボーイ(牡=藤沢和)はダービー(30日、東京)視野も「あくまで状態次第。出走なら北村宏で」と藤沢和師。

 桜花賞9着ホウオウイクセル(牝=高柳瑞)はオークス(23日、東京)。

 矢車賞1着ハギノピリナ(牝=高野)もオークスを視野。

 同厩舎のスイートピーS6着エリザベスタワー(牝)は放牧。

 端午Sを勝ったルーチェドーロ(牡=高橋裕)はユニコーンS(6月20日、東京)を視野。

 同2着レディバグ(牝=北出)は青竜S(16日、東京)へ。

特集

2021年5月5日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示