天皇賞・春2着ディープボンド 秋にフランス遠征 フォワ賞から凱旋門賞へ

2021年5月5日 10:17

天皇賞・春で2着に入ったディープボンド(撮影・白石智彦)

 フランスの競馬統括機関であるフランスギャロは4日、2日の天皇賞・春で2着に入ったディープボンド(牡4=大久保、父キズナ)が秋にフランスに遠征するとホームページで発表した。フォワ賞(9月12日、パリロンシャン芝2400メートル)をステップに凱旋門賞(10月3日、パリロンシャン芝2400メートル)に参戦する。

 同サイトでノースヒルズ・前田幸治代表は「天皇賞は非常に厳しいレースでも頑張ってくれました。速い時計の決着だったけど、13年の凱旋門賞で4着に入ったキズナの産駒で緩い馬場にも対応できるんです。秋のフランスにふさわしい馬だと思っています」とコメント。

 また、大阪杯3着後、宝塚記念(6月27日、阪神芝2200メートル)に照準を合わせているコントレイル(牡4=矢作、父ディープインパクト)は今年の冬で引退、種牡馬入りするため海外に遠征することはない、としている。

特集

2021年5月5日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示