【エプソムC】アルジャンナにテン乗り ルメールの表情としぐさで探る

2021年6月10日 05:30

<エプソムC追い切り>坂路単走で好仕上がりをアピールしたアルジャンナ=手前(撮影・亀井 直樹)

 【東西ドキュメント・栗東=9日】ゴルフ好きのルメールにとって全米女子オープンの結果はどう映ったのだろうか。松山英樹が優勝したマスターズの際は自身のツイッターで早藤キャディーがコースに一礼する光景の写真を添えて<私が日本を好きな理由はこの写真が物語っている>と投稿。967件のリツイートと、5027件の“いいね”を押されるほどの反応があった。そこで全米女子オープンの話題を菱田は振ったのだが「見ていなかったけど結果は知っている。日本の女性も強いね」の返事だからマスターズほどの興奮は帯びなかった様子。

 ゴルフから本職の話題へと移行。先週、東京で勝った新馬コマンドラインは極上のディープインパクト産駒といった勝ちっぷりだった。同馬の兄がアルジャンナだ。今週エプソムCのパートナーだから関連性はあるが、テン乗りとあってルメールは両手を広げるポーズ。さらに両手を広げて苦笑いを浮かべたのは新馬フィフティシェビー(日曜東京5R)で「乗ったのは3週前」としつつも、表情としぐさから“いいね”を押される感じではなかった。 

特集

2021年6月10日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示